子どもの才能を引出すには、〇〇が必要!!

注)初めに、今回の内容は、多少過激な内容が含まれています。

 気分を害される可能性がおありな方は、お控えください。

「あなたは才能があるから」

「才能がないから僕にはできない」

よく耳にする”才能”という言葉。

あなたは、”才能”という言葉を使って、何かをあきらめたり、拒絶したりした経験はありませんか?

私は何度もありました。

周りの人たちはできて、自分にはできないから自分には才能がない。とあきらめることがもの多くありました。

私は、”才能=生まれ持った能力”と思っていました。

しかし、ふと思ったんです。

「同じ人間なのに、なぜ、うまくいく人とうまくいかない人がいるのだろうか…才能って何だろう…?」と。

今回のお話は、”才能”の正体についてお伝えしていきます。

■うまくいく人とうまくいかない人の違いは、才能ではない!

あの人はうまくいっているのに、自分はうまくいかない。

こんな時、私は、「自分には才能がないから…」と思っていました。

しかし、この言葉には、私の深層心理が隠れていました。

・できない自分への言い訳

・あきらめる自分を認めてやりたいと思う気持ち

・できない自分を見たくない気持ち

まとめると、現実逃避の言い訳です。

”才能”という言葉を使われる方のほとんどが、現実逃避の言い訳になっています。(ある意味便利な言葉です(笑))

人間心理として、仕方ないと言いたいところですが、このままだと、何もできない人間になってしまいます。

そして、現実逃避をしても何も進みません!

むしろ、後退するばかり。

最近、うまくいかないことばかりだな~…と思われている方は、要注意です!

もし、できるのであれば、良い結果を出していきたい!

もし、できるのであれば、自分の才能を開花させたい!

もし、できるのであれば、楽しい人生を活きていきたい!

そうなるためには、才能の正体を知る必要があります。

■才能の正体

世の中の”才能”があるといわれている偉人達は、口をそろえて言います。

「私には才能なんてない。ただ、目的・目標に対して、あきらめなかっただけだ。」と。

不思議ですよね。

大多数の方が口をそろえて言っている。

才能の正体とはなにか!?

”可能性を追求した努力であり、結果である”

根幹としては、”可能性(=意志)”です。

「こうなりたい!」

「こうしたい!」

と思えることが可能性(=意志)です。

可能性(=意志)がないと何も始まりません。

自分のやりたいことって…と、初めはそんな難しく考えなくていいんです。

例えば、

・お金持ちになりたい!

・普通の生活がしたい!

・なにかもっと刺激的なことをやってみたい!

・ホームレスにはなりたくない…

・今の生活水準は切りたくない…

などなど…

こんな感じでいいのです。

上記の可能性(=意志)があることで、今までの生活の見方がゴロっと変わります。

今まで意識していなかったところに意識が向くようになります。

ここから、自分の目指すべき方向性をドンドン集めて行き、徐々に明確にしていきましょう。

■絶対にやってはいけない教育

子どもには、無限の可能性があります。

そして、その可能性を開花させるか、閉ざすのかは、保護者のみなさまにかかっています。

なぜなら、”子は親の背中を見て育つ”という言葉があるように、親の影響を大きく受けるからです。

良くも悪くも、親の一つ一つの行動、発言が全て子どもの将来に影響します。

もし、自分の子どもが、幸せになってほしいと思っておられるのであれば、これだけは、絶対守っていただければと思います。

”子どもの「やりたい!」を潰さない”

子どもは色んな事に興味を持ちます。

道徳的なしつけもありますが、保護者様は、興味を持ったことにトコトン付き合い、追求することを身につかせてあげてほしいと願っています。

そうすることで、子どもの可能性を潰さず、色んな事を努力で身に付けることができるようになります。

心配なことも多々出てくると思いますが、お子様を信じて、見守ってあげるのも親として大切な教育だと思っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です